YES LOVE

リストウォッチ

初めての腕時計のデザイン。アートウォッチプロジェクト「NUTS COLLECTION」に参加することになった。

世界のアーティストとNUTS社のコラボレーション。全99作品で完成となる壮大なプロジェクト。

全ての作品は999セットの限定商品。横尾忠則氏、エイリアンのデザインで知られるシド・ミード氏、YMO、

デビッド・ボウイのジャケットデザインなどを手がけるルー・ビーチ氏などがこれまでデザインを発表していた。

不思議な感覚だったが、依頼されてすぐ直感でアイデアが浮かんだ。

迷わずテーマにしたのが「YES LOVE」。

未来への時を刻む秒針の音に以前から感じていたものがあった。

時を刻むのは未来へ向かっての一方向だけ。

しかし、秒針の音の中には過去の想い出、景色、感情などが蘇る感覚がある。

時は常に前に進むが、止まったままの一瞬も内包されている。僕は時計の針が時を刻む姿に愛の形を見た。

使用できる針や盤面で可能な技術を聞き、アイデアを考察した。

可能なことは2重の透明プレートと秒針を使えること。いよいよ愛の形をデザインする。

いつもカードのアイデアを具現化する時と同じように、紙とフィルムを使い、切って、貼って、重ねて、

手を動かしてアイデアを形にしていった。一番下の透明プレートに「時間」を表すYESの文字、

その上のプレートに「分」を表す白のハート、その上に「秒針」を配置する。

秒針は片方の先端に「赤いハート」、真逆に「黒いハート」をつけた。

1分に1回赤いハートと秒針の白いハートは重なるが、真逆の黒いデビルハートは

1分に1回白いハートを隠すという仕掛け。ハートが重なったり離れたり...それはまるで愛のいたずら。

そして1時間に1回訪れる完璧な愛の形「YES♥」。

通常より重い秒針がスムーズに回るようにすることが難関だったが、

塗装の厚さを工夫することで、デビルの尻尾のような秒針が誕生した。

「時を刻むその瞬間に愛を感じよう。ハートが重なる、離れる、隠れる。そして訪れる完璧なYES LOVE。

時間、愛、すべてはあなたのもの。」天使が針を動かしているような時計の誕生。

Client : Nuts Co.,ltd.

Artist : Keisuke Unosawa

Art Director : Keisuke Unosawa

Graphic Designer : Keisuke Unosawa

Creative Agency : Venus Spring Inc.