極上の童話絵巻

ラビットイヤーズ

ラビット・イヤーズは、子供のための良質な音楽と映像と大人が楽しめるエンターテイメントを手がける企業。

本シリーズは、映画プロデューサーだったマーク・ソトニック社長が、

2人の子どものために良質な童話をシリーズを制作したいという思いからスタートしたプロジェクト。

子どもたちに読んで聴かせたい名作童話が、ウィンダムヒル・レーベルの美しい音楽に乗せて、

個性豊かな絵で紙芝居のように展開される。そこにアメリカの俳優たちがストーリーを優しく語りかけてくる。

本シリーズはサウンドトラックがグラミー賞を受賞するなどアメリカでは高い評価を得ていた。

アジア圏での公開に伴いブランディングを依頼された。

本編はアメリカやヨーロッパに伝わる昔話、おやゆび姫、スリーピーハロウの伝説、錫の兵隊に、

桃太郎などの日本の昔話も加わってリリースされた。

アジアの子どもたちと大人にストーリーと絵の魅力、ナレーションの素晴らしさを伝えるために、

ブランディングを立体的に組み立てていった。

昔話が映画のように展開していく様をプロモーションキットに、アジアの空気感をパッケージに、

エンターテイメントの豊かさを店頭プロモーションにデザインディレクションを行なった。

音楽家:ヨーヨー・マ、坂本龍一、ハービー・ハンコック、ジョージ・マクファーリン他

語り:ジャック・ニコルソン、メリル・ストリーブ、 ロビン・ウィリアムス、シェール他

Client : Rabbit Ears Inc.

Creative Director : Keisuke Unosawa 

Art Director : Keisuke Unosawa

Graphic Designer : Keisuke Unosawa

Creative Agency : Venus Spring Inc.