いつも誰もいない森をひとりで歩いているような感じがする。

ふと、誰かがそこに居たような証に出会う時がある。

それは「この道でいいんだよ」と声をかけてくれる。

内なる自分の声なのか、

それとも誰かなのか?