2021.9.7

未来コンビニが世界三大デザイン賞の1つ

ドイツ「レッド・ドット・デザイン賞」受賞

未来コンビニが世界三大デザイン賞を受賞。

ドイツ「レッド・ドット・デザイン賞/ベスト・オブ・ザ・ベスト」

 

人口 1,000 人の村、徳島県木頭の“未来コンビニ”が 、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」 

リテールデザイン部門で最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞。

徳島県那賀郡那賀町木頭地区(旧・木頭村)の地方創生に取り組む KITO DESIGN HOLDINGS グループが運営する

最も優れた革新的なデザインに贈られる最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」賞を受賞しました。

“世界一美しいコンビニ が現実になりました。人口1,000人の村の中でも最も奥の200人の集落に建築しました。

そんなところだからこそ挑戦する意義があります。日本全国の限界集落の皆さんの勇気、希望に、

ヒントになるものがあれば幸いです。

 

◼️ KITO DESIGN HOLDINGS 株式会社 取締役/クリエイティブ・ディレクター  鵜野澤 啓祐

「私たちが未来の子供たちへ向けて紡ぎ始めたメッセージと活動の1つが、未来コンビニです。ここに完成したデザインは、

木頭の過去と現在を繋ぎ、未来へ伝えたい言葉や活動を1つ1つ形にしたものです。未来コンビニは子供たちと地域の方々、

そして世界から訪れる方々と共に更なる発展を続けます。」

 

◼️ レッド・ドット・デザイン賞について

「レッド・ドット・デザイン賞」は、ドイツのデザインセンターが主催する、1955年に設立された国際的なデザイン賞です。

「iFデザイン賞」(ドイツ)、「IDEAデザイン賞」(アメリカ)とともに、世界三大デザイン賞の一つとされています。

プロダクトデザイン、ブランド&コミュニケーション、デザインコンセプトの3ジャンルにおいて賞が存在し、

近年では毎年60カ国以上の国から10000以上の応募が集まります。

集まったデザインに対し、その機能性・審美性を始め独創性、創造性、革新性、情緒性などといった6つ以上の観点から

20名以上の専門的な審査員によって選定が行われ、約500点がレッド・ドット賞として選定されます。

そのうち最も優れたデザインには各カテゴリの「ベスト・オブ・ベスト」が贈られ、本賞の過去受賞者にはBMWやApple社、

SONY社などが世界的な著名企業が名を連ねています。

 

世界三大デザイン賞

・ドイツ「iF デザイン賞」

・アメリカ「IDEA デザイン賞」

・ドイツ「レッド・ドット・デザイン賞」

 

過去の受賞者と受賞チーム (「ベスト・オブ・ザ・ベスト」賞)

・BMW/i3(2015) 

・Apple/Apple Watch(2016) 

・SONY/BRAVIA XR95(2021)

・Nike/北京スタジオ

・KITO DESIGN HOLDINGS/未来コンビニ(2021)

 

 

◼️ 掲載情報一覧

・ ニュースリリース Here

・ テレビ東京 未来レンズ「未来コンビニ」 Here 

・ Red Dot Design Award 公式 サイト Here

・ KITO DESIGN HOLDIGNS 株式会社 Here

Client : KITO DESIGN HOLDINGS Inc.

Producer : Yasushi Fujita

Architect : KOKUYO Co., Ltd. + GEN Architects Inc. 

Architect : Wataru Sato(Kokuyo Co.,Ltd.)

Architect : Koji Aoki(KOKUYO  Co.,Ltd.)

Architect : Tomoya Kuroo(KOKUYO Co.,Ltd.)

Architect : Makiko Suga(KOKUYO Co.,Ltd.)

Architect : Youhei Mitsuishi(GEN Architects Inc.)

Architect : Takuma Kanou (GEN Architects Inc.)

Lighting : Hisaki Kato(Hisaki Kato Design Inc.)

Equipment design:Norimasa Harada

Design Director : Keisuke Unosawa

Graphic Designer : Keisuke Unosawa

Graphic Designer : Sarasa Kusanagi

Produce & Planning : KITO DESIGN HOLDINGS Inc.

Creative Director : Keisuke Unosawa